夢団とは

俳優また脚本・演出家として、20年にわたりミュージカル巡業公演団体の座長を務めてきた秋葉大介を中心に、 2011年設立。
現代の子供たちに届けたい、新しいスタイルの学校公演、質の高い“本物”と言える総合芸術の創作を目指し設立されました。
現在は日本全国の小・中学校、劇場、公民館などを中心に、年間300本を超える公演を行っています。

アトラクション・シアター

夢団とは…『劇団』という枠を超えた、新しい総合エンターテイメント巡業団体です。
夢の世界を体感する“アトラクション・シアター”として、会場全体を物語の世界に…。
“プロジェクションマッピング”や“ムービングマシン”など、最新機器による光と映像の演出。
様々なテーマとメッセージの込められたストーリー。
ハイクオリティでバラエティ豊かな歌とダンス。
会場に入った瞬間から、夢の世界が始まります。
今までに出会ったコトのないような《夢と感動》を、日本全国の子供たちに届けたい…!
強く熱い想いを胸に、公演活動を行っております。

すべての子供たちに夢を・・・

私たちは、巡業公演を通じて、年間10万人を超える子供たちと出会っています。
この出会いは、無限の可能性を秘めています。
演劇という物語の世界。
その非日常的な空間の中で触れ合う、子供たちの感性、創造力、発想の豊かさ…。
子供たちとの出会いから生まれる驚きと喜び、そして感動は、けして色褪せることはありません。
悲しい事件が後を絶たない今の時代にこそ、子供たちの感性に触れ、まっすぐに生きる力を育む“心の栄養” が、
もっともっと必要であると、強く感じています。

私たちに出来ること。

夢の世界で子供たちと触れ合い、開放された心の奥に、まっすぐ響く、熱い想いとメッセージを届けること。
すべての子供たちに夢を…
それが私たち、夢団の使命であり、夢なのです。

ページトップへ